2008年12月07日

スローカーカルテット@高槻現代劇場

高槻現代劇場にて、スローカーカルテットのコンサートを見てきました。結成35年だそうです。
スローカーバッハマン、クリストフ、ジヴィチャーン
当然、総暗譜。見習うべし。

以下、ネタバレあり。


プレプログラム。地元中学生トロンボーン39人との合奏。
・グリーンスリーブス
・オーラリー
39人に混ざっても、4人の音ははっきりわかる。でも、中学生も丁寧でいい演奏でした。


・35周年献呈作品 [J.F.ミッシェル]
かっこいい。最初からやられた感じ。やってみたいけど無理やろうなあ。
真横の通路で吹くジヴィチャーンの音色の美しさに感動。


・ソナタ第1番 [G.C.ヴァーゲンザイル]
・ソナタ [J.B.ルイエ]
バロックトロンボーンで2曲。バスはトテモムズカシイとのこと。そうは見えません。


・運命の力 [ヴェルディ]
モダンに持ち替えて強烈なノックから一気にウンリキ。


・魔笛 [モーツァルト]
プレゼントプログラム。


・変奏曲〜ダヴィッド協奏曲物語〜 [S.バロー]
いきなりスターウォーズが始まったので、魔笛の代わりにこれが無くなって、次のベストオブ・・に入ったのかと思った。


・ベストオブスローカーカルテット メドレー3曲
レパートリーとステージパフォーマンスの幅広さを実感・堪能。鍵盤ハーモニカからアルプ、縦笛、ぬいぐるみまでいろいろ。
くると分かってても笑かしてくれるのはすごい。


アンコール
・チャルダッシュ
ジヴィチャーンの完璧な3度上に脱帽。

・カルメン

・もう1曲退場の曲

今回も盛りだくさんでした。多分次も行くでしょう。3年後かな。いいぐらいのペース。
posted by ozawa at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176703452

この記事へのトラックバック