2005年11月20日

スローカーカルテット

大阪 LICはびきのであった、スローカーカルテットのコンサートに行ってきた。
プレコンサートなど盛りだくさん。

12:00〜13:00 クリニック
とても大勢の方が参加されていたようです。

13:00〜14:00 プレコンサート
前半 大阪シンフォニカー・野口氏によるソロ
・チューリッヒマーチ [Koetsier]
・4つのスケッチ [Uber]
・ディープリバー
・虹の彼方に [アレン]
・ピンクパンサー [マンシーニ]
天井が高く、とても響くロビーでした。ピアノ伴奏がちょっと聞こえにくかった。
my favorite:Uberの3.渓谷

後半 ESA音楽院カルテット
・天地創造 [ハイドン]
・フランスルネサンス舞曲集 [ジェルベイズ]
・4つの小品 [ウッド]
・ゴスペルタイム [アグレル]
ESA講師・生徒混合カルテット。
トップは去年ジラール氏のレッスンの通訳氏、とてもうまい。昔のコルトアのスターリングシルバーのベッケモデル?
ハプニングもあったけど、音色の統一感、丁寧な音が気持ちよかった。my favorite:天地創造

15:00〜 スローカーコンサート
スローカー、バッハマン、ジヴィチャーン、シュテファノフ
・フーガト短調 [バッハ]
・松明の踊り [ヴァレンテ]
・ドイツ舞曲組曲 [フランク]
・ピアノとフォルテのソナタ [ガブリエリ] (大阪シンフォニカーLOW BRASSとの8重奏)
・王宮の花火の音楽 [ヘンデル]

・魔笛 [モーツァルト]
・カヴァレリアルスティカーナ [マスカーニ]
・ドンパスクアーレ 「ドニゼッティ]
・ファルスタッフィアーデ [ケツィア] (ウィンザーの陽気な女たち [ニコライ])
・オペラ座の怪人 [ウェバー]
+アンコール5曲(カルメン×2、熊蜂、ウィリアムテル・・・最後の曲ってなんですか?)

松明とドイツ舞曲はサックバット。サックバットは昔の高槻のほうが良かったかなあ。
8重奏ガブリエリはとても丁寧だった。中井氏はチューニングインスライドのエルクハートコーン62H(多分)。
マイフェイバリットはバスフィーチャーのファルスタッフィアーデ。演奏、パフォーマンスとも素晴らしかった。
前回?の福井ではバッハマン氏が休みで、バスを交代で吹いていたような記憶があるが、やっぱりバッハマン氏でしょう。
スローカー氏も気合がのってるように感じた。例によってほぼ総暗譜。見習わな。
スローカーカルテットのコンサートは追っかけなみに行ってるが、やっぱり私はスローカー派やなあ、と思う。パリトロにはバストロおらんし。
結構マニアックにあちこちのトロンボーンのコンサートに行ってるけど、ここ最近では一番の満足度。

満腹満腹。行ってよかった。
posted by ozawa at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞

2005年10月28日

ZIPANGコンサート

立命館大学 草津キャンパス内のローム記念館にて ZIPANGコンサート
グロリア [ヘンデル]
組曲 [リチャーズ]
組曲より シャコンヌ、無言歌、マーチ [ホルスト]
3匹の猫 [ヘイゼル]
ウエストサイドストーリーよりマリア、トゥナイト、サムウェア [バーンスタイン]
アンコール
カバのダンス
「ジャンニスキッキ」より 私のお父さん [プッチーニ]

相変わらずよかった。次の日練習だったので、よいイメージで臨めました。
好きなのはホルストのシャコンヌと無言歌、ヘイゼル。
ゴフリチャもよかったけど、たっぷり歌う曲の方が印象が強い。
次のCDも買ってしまうでしょう。
ゴフはゴッドフリーやったんや。
講義室のようなすり鉢上のホールでほぼ満席。200くらい?
学生無料・一般1500円、安い。
posted by ozawa at 23:54| Comment(3) | TrackBack(0) | 鑑賞

2005年10月09日

10/16(日) 膳所高校OB演奏会

10/16(日)14:00開演 栗東芸術文化会館さきら大ホール
入場料700円
小澤が出ます。ozawa@bones.jpにご連絡いただけましたらチケット手配いたします。
OB会らしく、懐かし系のプログラムです。

【第1部】
行進曲「銃声」(K.J.アルフォード) 〔1960年代:3:30〕
行進曲「太陽の下に」(奥村一) 〔1971年:2:40〕
「吹奏楽のための第1組曲」シャコンヌ(G.ホルスト) 〔1973年:11:00〕
「シンフォニックバンドのための序曲」(兼田敏) 〔1975年:6:30〕
狂詩曲「スペイン」(E.シャブリエ) 〔1979年:6:00〕
「シンフォニエッタ」(三上次郎) 〔1984年:3:30〕
【第2部】
「この女こそは」 (フリオ・イグレシアス) 〔1986年:3:30〕
マーチ「ハロー!サンシャイン」(松尾善雄) 〔1987年:3:00〕
「キャンディード序曲」(L.バーンスタイン) 〔1994年:6:00〕
「ヴィリア」(F.レハール) 〔1996年:5:00〕
「あの丘をこえて」 (星谷丈生) 〔2001年:3:30〕
アニメ・メドレー 久石譲 作品集 (森田一浩編曲)[年:7:00]
「カーペンターズ・フォーエバー」(真島俊夫編) 〔1998年:6:00〕
posted by ozawa at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞

2005年10月05日

10/28 ZIPANGコンサート

10/28(金)18:00
トロンボーンカルテットZIPANGのコンサートが滋賀県草津の立命館大学内ローム記念館で行われるそうです。
チラシはこちら

学生無料、一般1500円は安い。
posted by ozawa at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞

2005年09月25日

大阪市音Trb 図書館コンサート

大阪市音楽団トロンボーンセクションによる室内楽コンサート
伸縮自在 真鍮曲金発生器 トロンボーンの魅力

大阪市音楽団の3人+森岡佐和さんによるカルテットの市民向けコンサートが大阪市立図書館であった。
先輩に、整理券でもう一人入れる、ということで誘ってもらった。300人の席はほぼ満席。響かない部屋で大変やろうなあ。
客演の森岡さんが紅一点ということもあり、とてもよかった。彼女がトップをとった曲が好印象。確か、UBERとウッド。
科学組曲を生で見れて面白かった。
実はパリトロ版ヘイジュードは好きではなかったけど、生で聞くとこれもいいかもと思った。
やっぱり生はいい。


曲目は以下のとおり。書き出してみるとすごい盛りだくさん。
協奏曲[テレマン]
コントラプンクトNo.9[バッハ]
2つの小品より1[プレムルー](トリオ)
3つの小品[ウーバー]
科学組曲[ヴァンデルロースト]
ラッサストロンボーン[フィルモア]
4つの小品より1,2,3[ウッド]
ヘイ・ジュード
北酒場
長崎は今日も雨だった
函館の女
(アンコール)
愛を奏でて(海の上のピアニスト)
心のこり
posted by ozawa at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞