2016年07月09日

湖西トロンボーンフェスタ2016

湖西トロンボーンフェスタ2016
ピアザ淡海 ピアザホール

第1部 ウォームアップ講座
講師:矢巻正輝

第2部 アンサンブルステージ
トリオSSD
ノーバディ・ノウズ [黒人霊歌]
聖者の行進 [黒人霊歌]

相愛大学カルテット
トウキョウ・トリプティック [P.スパーク]

N&H
サマータイム [G.ガーシュウィン]
ウォーターメロン・マン [H.ハンコック]

六甲カルテット
トロンボーン四重奏曲 [D.ブルジョワ]

チームシャイアーズ
ジョージア・オン・マイ・マインド [H.カーマイケル]
テイク・ファイブ [D.ブルーベック]

スライダーズユニット
スクエア・ダンス [高嶋圭子]

矢巻正輝&相愛カルテット
ネッスン・ドルマ [G.プッチーニ]
彼方の光 [リベラ]

第3部 ラージアンサンブルステージ
オラトリオ「天地創造」より [F.J.ハイドン]
山からのたより [O.ハインル]
聖者の行進 [黒人霊歌]
交響詩ローマの松より アッピア街道の松 [O.レスピーギ]
ウィーンはいつもウィーン [J.シュランメル]

------
昨年よりさらに突貫開催でしたが、約40名の方にご出演いただきました。
各チーム、持ち味を出したバラエティに富んだ演奏でした。
なかでもブルジョワには脱帽です。

打ち上げの席にて、来年出演のチームもいくつか結成されたようで楽しみです。

ありがとうございました。
posted by ozawa at 23:27| コンサート−SLIDERS

2016年04月03日

アンコン、FBB、大吹

2016年

1/17(日)SLIDERS@アンコン 守山市民ホール
・Trois à Troyes [Marc Lys] より イントラーダ、バディナージュ、ジグ

面白い曲やったので再演を期待。

-------
2/21(日) FBB第11回演奏会 甲西文化ホール
・Fanfare for a New Age
・Hymn of the Highland
・Winter Games
・Jurassic Park
・Hard To Say I'm Sorry
・All Through the Night
・たなばた
・「復活」終楽章[マーラー]
(アンコール)Vardres March
(アンコール)ダムバスターズ

復活は感動した。

-------
3/13(日) 大津吹奏楽団 第52回定期演奏会 大津市民会館
・桜華幻想 [福島弘和]
・虹は碧き山々へ [真島俊夫]
・落夏流穂 [柳川和樹]
・「シカゴ」コレクション
・リバーダンス
・Breezin' [真島俊夫]
・Spain
・サウスランパートストリートパレード
(アンコール)さくらさくらBrass Rock

まさかのアンコール2回。

------
楽器は引き続き、YBL-605+willies HY2J。
posted by ozawa at 23:32| Trombone!−小澤

2016年01月17日

アンコン

1/17(日) アンコン本番@守山市民ホール
初のトリオ参加:石田、柏本、小澤

・Trois à Troyes [Marc Lys] より イントラーダ、バディナージュ、ジグ

65877 銀賞

面白い曲でした。音源のない曲は久しぶり。残りの2曲も機会があれば。
文珍で打ち上げ。

2015年12月31日

披露宴、大吹アンサンブル、Trb忘年会


◎12/12 大吹メンバーの披露宴とパーティー
披露宴@ハイアット京都
・ファンタズミックファンファーレ
・君の瞳に恋してる
・宝島

パーティー@ペルテヴァローレ
・ムーンリバー
・シング・シング・シング

久しぶりに大層な披露宴&二次会でした。
楽しんでもらえたようでよかった。



◎12/23 大吹アンサンブルコンサート@スカイS2
・ペーテルス

今回は、1、2、4楽章。2楽章は初やけどいい曲でした。



◎12/29 Trb忘年会@シダックス石山
総勢13名
5時間、吹いて飲んで食ってまた吹いて。盛りだくさんでした。


以上、2015年吹き納めです。
年明けはアンコン、トリオで「Trois à Troyes」です。
posted by ozawa at 16:10| Trombone!−小澤

2015年11月29日

11/29 草津チェンバー第20回記念定期

11/29 草津チェンバー第20回記念定期 クレアホール
・メサイア [ヘンデル] プラウト版

全53曲中、5曲演奏。
No.12 For unto us a child is born
No.17 Glory to God
No.33 Lift up your heads
No.44 Hallelujah
No.53 Worth is the Lamb

3時間を越える長丁場でしたが、行方不明にならず感動のエンディングを迎えることができました。
ありがとうございました。
posted by ozawa at 22:09| Trombone!−小澤